自転車事故

自転車保険には入っておきましょう

ここ数年、自転車事故によって相手に重大な怪我をさせてしまったり、後遺症が残ってしまったなどの理由で多額の賠償金を請求される例が増えています。ニュースなどで高額の賠償金が請求された例が大きく取り上げられ、自転車事故への関心が高くなったことにより、最近は様々な会社から自転車保険の商品が出ています。自転車に乗る時は運転に注意する、というのは当たり前ですが、万が一の場合に備え、自転車保険には入っておいた方がいいでしょう。特に、自転車に乗る機会が多い子どもがいる場合などは、自転車保険は重要です。家族全員が対象になる保険も多いので、自転車保険に入る場合は、そのようなタイプの商品を選ぶといいでしょう。もちろん、保険に入る前に、子どもにも自転車の運転についての知識を教えることも大切です。

安くおさえられる保険を選びましょう

自転車保険には、手軽に入れるものが多く、コンビニエンスストアや携帯電話会社で扱っているものもあります。様々な会社で扱っている自転車保険ですが、選ぶ時のポイントは何でしょうか。自転車保険は年間で数千円の商品が多く、そんなに高額ではありませんが、毎年かかる金額ですから、節約できるのならばなるべく安くおさえたいものです。そこで、おすすめなのは今現在入っている他の保険に特約を付けることです。最近は自転車保険への関心が高まっているため、自動車保険などでも、自転車保険と同じような内容の特約を付けることが可能な物が増えてきています。新たに保険に入るよりは、すでに入っている保険に特約を付ける方がかかる金額は安くすみます。