東宝映画 天国と地獄の結末は意外な展開となりました。

誘拐犯にはめでたく捕まり極刑の死刑のようです。

子供は無事見つかり無キズでした。

身代金は2998万円もどりました。

回収できなかった金額は僅か2万円でした。(犯人が麻薬を購入したので)

しかし権藤氏は家を抵当に獲られ差し押さえられてしまいました。

ですからこれまでと同じ生活は到底送る事は出来ません。

更にこれまでの会社を追われる事になりました。

以前は会社内でも重要なポストについていましたけど。

運転手の子供の為身代金を払う事になってしあったのだ。

本来は上場されている会社の株を買い筆頭株主にのし上がる野望があたのだが

対の夢っとなってしまた。

それどころではない 又一から出直しなのだ。

ところが、権藤氏に手を指し述べる方がいました。

それは自分の子供ではなく他人の子供の為に身代金を払った権藤氏の男意気と心意気魅了された方が多かったと言う点です。

その為権藤氏の手腕と心意気に惚れ事業家の方が靴製造販売の仕事を託したいと思うのも無理ない事ですよね。

権藤氏ですからこれまで以上の良い製品を世に送り出す事だろうと想像は付きますよね!

安価で品質の悪い靴は作らない 販売しない筈です

権藤氏は実直な人柄と言えます

その為 身銭を切って誘拐犯人たちに身代金を払いその為会社内の勢力争いに敗れてしまったのですから。

いわば善意の第三者です。

一方誘拐犯人は医者のインターでした

この男端的すぎますね インターの身分や知識を悪い方に利用している点です。

医者のインターは本当に過酷な世界です それは現在まで継続しています。

だから東京大学医学部の発端が全共闘運動まで盛り上がりました

残念だ事に全国に在る大学の未だ医学部のインターの方は無休・無給料の方が多いとテレビニュースなどでで報道されています。

だからアルバイト生活が始まってしまうようです。

それにしてもこの映画の犯人は極悪犯です 3の命を簡単に奪っています

私のこの映画の評価★★★★★

なを映画天国と地獄の主なキャストやあらすじはこちらからです。

キャスト
三船俊郎⇒権藤金吾 権藤の妻香川京子⇒権藤の妻 江木俊夫⇒権藤の息子  佐田豊⇒運転手(青木)
島津雅彦⇒青木の息子 仲代達也⇒戸倉警部 石山健二郎⇒田口部長刑事 木村功⇒新井刑事

三橋達也⇒権藤に秘書 加藤武⇒中尾刑事

あらすじ ネタバレ的かもしれませんけど

東宝映画 天国と地獄の結末は意外な展開となりました。
靴の製造販売の事で上層部と仲たがいとなる

男は、や付けるかやっつけられるかだと言う

権藤は会社を自分の物にする為5000万円の小切手を用意した
処が息子を誘拐した電話がくるのだ。

しかし息子は息子でも運転手の息子が間違って誘拐されたのだ。
犯人は3000万円身代金を要求した

警察も手掛かりとしてカバンを燃やせば煙に色が出る仕組みがあるのだ

現金を持って新幹線に乗るように言われる

新幹線に犯人から電話が入る
子供の姿を見せると言うのだ

権藤は子供の姿を見て思わず 真一と呼ぶのだ

取引は成立 子供はかえって来た
 
権藤の屋敷は丘の上に構えている
犯人らしき物はバラック小屋と言っても過言ではないだろう

権藤は世間では高評価を得ている

権藤は債権者には期日通り支払ってくれと言い渡される

警察も必死になって犯人を捜しだしている
犯人の痕跡が「少しずつ浮かぶ上がる
江ノ電の音がするのだ
運転手と子供で手がかりを探しに来ているのだ

子供が見つけた家には死体があるのだ
共犯者は殺害された 麻薬中毒者として殺害されたのだ

犯人確保のために各新聞社へ偽の記事を書く事をお願いする

犯人はカバンから身代金を取り出す

子供が叫ぶのだとってもきれいに煙が出ていると
病院の焼却場だったのだ

捜査陣はインターの足取りとアリバイを調べると一致したのだ
でも捕まえ手はならない
この犯人の物的証拠をつかむ事が大切だと言うのだ

誘拐犯では最高15年の刑期でしかない

2人殺害しているので最高刑を犯人に仕立てる必要があるのだ。

犯人は捕まえたが権藤の家は差し押さえらってしまった。

本人が権藤氏に会いたいと言う
権藤会う事にした。。

拘置所で会う二人

犯人は言う震えているのは死刑が怖いからではなく独房から出ると不思議に体が揺れるんだと言う

そうではないだろうと私は見た

 2人の対比が物語っている

犯人には最高学府出です 悪賢い 言ってみれば苦労が足りていない

一方権藤は中学卒です 下働きから幹部までのし上がった苦労人です

会社を去り新たな会社にやとわれ一から出直す事に成る

U-NEXTで無料で配信中です。