この映画は東映映画 1965年制作  監督 マキノ雅弘   舞台は大正期の大坂港   

内容は港湾労働者を束ねる手配師の任侠社会と一人の女性をめぐる争奪戦もあります

主なキャスト 

八千草薫  高倉健 鶴田浩二 五月みどり 大友柳太郎  里見浩太郎  村田英雄 南田洋子 

長門裕之 他豪華キャスト

あらすじ

物語は大阪湾の港には和田島組と淀政組の2つの港湾荷役を請け負う大きな手配師が存在していた 。

(いわゆる沖中仕を束ねて一手にその仕事を請け負う容が今でも存在している筈です)
横浜の日東組の藤川は弟の沖中仕の遺品を横浜から受け取りに来たのであった。

ところが遺品があまりにも少なく墓も無縁仏として葬ったと言われ不信を抱いた藤川はこの大阪で

沖中仕として働く事になった。

港湾荷役の件で元受け業者一同がより会う事になった。
淀政組はピンハネが大きく沖中仕は低賃金で働かしているのだ
それを知った 藤川 は事務所に入り金をつかみ取り仲間に配ったので喧嘩が起きたのだ

言ってみれば藤川の行動も良くはないですね 

話し合いをすれが暴力沙汰にはならずに済んだかもしれません。

その際中に有力者の荷受業者半田が 藤川 を助け出したのだ。

荷役組合設立に向けて暗躍する淀浜組のヤクザ集団とは一線を引いて用心をする事にした。
力ずくでもと算段している連中もいる 岡田運送を半田に継いで欲しいと願うが
しかし息子がいるので継ぐ気は全くない。
そん息子は社会思想に染まっていた或る日、息子が警察に連行されてしまった。

急に夜に石炭の積み込みの仕事が入ったのだ 

急いで仕事の手配をしようとした矢先 淀政組 の悪だくみに会い
石炭の積み込み作業が思うようにはかどらない
この状態だと海軍の石炭の積み込気が間に会わなくなってしまう

しかし 藤川 たちが話を付けて呼び戻し石炭の積み込みを見事済ませたのだ

ある日 荷受業者の半田 は数人に囲まれ込まれ刺されてしまたのだ。
目ざわりな半田ををかたずけてしまおうとの魂胆だ

そんな折刑務所から出所した鶴田(冬村)が 淀政組 に帰って来た
冬村 は恋しい女性の行方を捜しているようなのだ。
半田親方が亡くなってしまった。
親方の親友だたので焼香をあげたいと鶴田が現れた 

動揺した若衆をなだめたのは 藤川だった。
鶴田は俺がもっと早く帰って来ていたらこんな事にならなかったにと嘆くのだ

鶴田が探していった女性をやっと探しだす
しかしあんたの千代はあの晩死んでしまったのだという

鶴田 は、親分に千代の事を自由にしてくださいと申し出る。


一方岡田運送は息子がおやじに変わって家業を継ぐというのであった

その席で藤川に一家を継いでほしいと言われ継ぐことになった。
上手く変装して 八千草薫(おしん) を逃がす事が出来た
横浜に行けば面倒を見てくれる手筈は整っている。

追手が2人を探し回る

寅松は結局はつかまって殺された。

鶴田がやっと探していた惚れた女性はこの世には、いなかった。

見どころはここ!

堪忍袋が切れた 藤川 と鶴田は2人して 淀政組 へ仕返しをするのであった。

それにしても任侠映画ってスッキリしますね!

U-NEXTでは日本侠客伝 浪速編は見放題です。